河津葉桜を楽しむ


河津桜を観に行ってきました

混雑を避けて桜まつりの最終週に行ったら、桜は葉桜になってました

行程

2019年3月6日

湯〜トピア函南

道の駅 伊豆のへそ

7日

道の駅 天城越え

河津桜まつり

道の駅 開国下田みなと

8日

道の駅 下賀茂温泉 湯の花

日野の菜の花畑

北川黒根岩風呂

大川磯の湯

稲取高原芝生広場(ツリーハウス)

6日

吊るし雛を見ながらマッサージ

いつものように仕事が終わって、湯〜トピア函南に着いたのは7時過ぎ

内湯、露天、寝湯、シャンプーして、また露天と1時間ほど楽しんで食堂に

以前来た時は食堂を利用すると時間延長券を貰えたけど、さすがに閉館1時間前では貰えなかった

やわらかロースカツ定食を頂いて、マッサージ機で疲れを癒やしました

2台あるマッサージ機の前に
吊るしびながずらりと並んでました

車中泊は「道の駅伊豆のへそ

以前 寄ろうとした時はいつのまにか修善寺道路に乗っかてしまい、そのまま帰ってきてしまった

なので今回は地図をよく観て道を覚えたので迷はずに着きました

小雨の中トイレを済ませて、車を車中泊モードに

寝袋に足を突っ込んで翌日の計画を

ここ伊豆のへそには「いちごファクトリー」と言うお菓子屋が有り

そこの大きな「いちご大福」を買うのも目的のひとつ

お店は9時に開店なので明日の出発は9時半頃か・・・・

目的地の河津まで1時間・・・・・・・・・

11時には着くか・・・・おやすみなさい

7日

ジャンボいちご大福は、ショートケーキを求肥で包んで出来上がり

7時頃起き、トイレ、朝飯、車の結露を拭き、後は小雨の中近所を散策

正面がいちごファクトリー
苺ショートケーキ大福

9時お店が開店したのでおみやげを買って出発

料金所を迂回しつつ、国道414号を南下

道の駅天城越え」を発見

平日なのに観光バスが止まり
傘をさした観光客で賑わってました
一般的な道の駅ではなく
伊豆ジオパーク・伊豆文学館などがあり
一度じっくり訪れたい所です

平日なのに賑わっていました

伊豆らしいおみやげを買ってしまいました

昭和の森会館を見学し、おみやげを買って出発

『逃げ水桜』

河津さくら祭りは10日まで、期間中有料になる駐車場に車を止めて

係の人を探したけど誰も居ない、止まっている車も自分のを入れて3台

人を置いて管理するのは採算が取れないのか、無料駐車場に成ってるみたいです

駐車場の隅にあったサクラ
この日一番綺麗だったかも

写真や動画を撮りながら河津川を豊泉橋から上流に、次の橋を渡り対岸を戻ってきました

河津川ぞいのサクラ並木
動画編集ソフトでブレ修正してあります
凝視すると酔うかもです

遠くで見るとピンクが濃く綺麗に見えるけど、近づくとそんなに色は濃くなく緑の葉が目立つ

「逃げ水」のような桜だな

遠くのサクラはあんなにピンクなのに
近づくとそれほど濃く無くなる

下流にも同じように桜並木は続いて、遠くからは綺麗に見えているけど

だいぶ葉のグリーンが目立ちます

「あれも結局『逃げ水桜』だろうー」と早々諦め、今晩の寝床「道の駅開国下田みなと」に向け出発

強敵港町

道の駅開国下田みなと は下田市魚市場の隣、伊豆クルーズの発着所に黒船が出入りしていました

午後1時 無性にラーメンが食べたくなって食堂に行ったけど、さすがに港町の道の駅

さかなの料理だけ

繁華街まで徒歩10分なので行ってみると、ここもさかな料理店だらけ

30分ほど探して見つけたラーメンの看板は、夜飲み屋で昼間は軽食を出している店らしい

店内はなんとなく怪しい雰囲気

カウンターに座りあさりラーメンを頂きました

駅近くに戻ると「パチンコACB」の看板を見つけた、ABCの間違いかと思ったけど

横に「アシベ」と書いてあった、ABCをモジッてあるのかな?

*静岡県内に「パチンコABC」と言うパチンコチェーンがあります

入ると思ったより客が多い、町を歩いている人の数より多い気がした

6時ぐらいまで粘って、少し財布が軽くなって諦めた

道の駅にトボトボ帰ると、建物は全て閉店

またお腹が空いたので車で5分ぐらいのファミレスに

お腹をいっぱいにして道の駅へ戻り、今度は屋根付き駐車場の真ん中辺りに車を止め

車中泊2日目

おやすみなさい

8日

朝の水鳥は水切り石の様に飛んでった

6時30分起床

昨夜は雨が降って時々遠くで雷の音もしていたようだった

屋根付き駐車場だったのであまり気にならずに眠れた

雨上がりの道の駅周辺を散策

雨に濡れた建物が朝日をあびて輝いている

駐車場の上の階
黒船を撮ろうとしたけど遠過ぎました
道の駅正面
こうして見ると駐車場は地下?

南伊豆町の「道の駅 下賀茂温泉 湯の花」でも桜祭りをしているらしい

ここを今日の最初の目的地に決め出発

通勤時間帯なので車が多い

駅を右手に見て、下田の繁華街を突っ切って車を走らせると

すぐに田舎道、迷わずに到着出来ました

道の駅 下賀茂温泉湯の花

着いて気がついた

去年1泊2日で伊豆半島を一周した時、車泊した所だった

サクラのピンクが濃ければ
いい写真なのに な!

建物の裏を流れる青野川の両岸に桜が植えられ、土手に菜の花が咲いていました

係の人が祭りの準備をしている中

私のようにカメラや携帯を持ってウロウロしている者が数名いました

田舎の朝は何にもなくても気持ちいいです

写真・動画を1時間ほど撮って車に戻り

携帯で近所の見どころを検索したら「日野の菜の花畑」を見つけた

サクラとマーガレットの間に

その菜の花畑は来た道を戻って曲がり角にありました

反対側にコンビニが有り、遅い朝飯を買って外に出ると正面に大きな看板が目に入る

道路を挟んでコンビニの隣りにありました
ちょっと買い物をして、そのまま車を止めさせていただきました

毎年ここで結婚式を上げる「みなみの桜と菜の花まつり」と言うイベントが有るらしい

桜の時期に合わせた祭りなので今年はとっくに終わっている

この日の観光客は私ともう一人同年代のカメラマンの二人きりでした

サクラの盛りが過ぎ観光客が
居なくなった菜の花畑

車に戻り朝食を食べながら次の目的地を検索

コンビニで買った遅めの朝ごはん

マーガレットラインと言う道が有るんだからマーガレットが咲いているんだと思ったけど

こちらは少し時期が早い、サクラとマーガレットシーズンの間に来てしまったようです

午後に行くつもりだった「潮騒を聞きながら入れる露天風呂」に行くことにした

波のある風景

北川黒根岩風呂は昨日来た道、国道135号を戻り河津町も過ぎてその先に有る

海岸沿いを走っていると波が岩場に打ち寄せている

高原好きで山ばかり行くので、海は久しぶりです

波の動画を撮りたくなって、小さな港に車を止め撮影開始

なんか懐かしい波の風景
スマフォで撮ると風の音がうるさいですね

黒根岩風呂に着くと閉まってました

9時半から午後1時までお休みだそうです
撮影当時11時7分でした

休業日ではなく、午前の部が終わって、午後開くまで2時間もあるらしい

波がこんなに近い露天風呂
こっちに入ってみたかった

銭湯セットをお忘れなく

次の候補地「大川磯の湯」は車で5分と掛からないようなのでそちらに向かいました

磯の湯は国道135号を挟んで駐車場の反対側にあり、道路の下を流れる水路の上を歩いて行きます

国道の下を流れる水路を渡ります

3畳ほどの脱衣所とガラス戸を開けると3メートル四方ほどの露天風呂に水とお湯の水道セットが1つ

お湯は赤土の様な色、シャンプー・ボディーソープは無し、日帰り温泉と言うより銭湯に近いかな

先客が一人私の後から一人

少し湯に浸かり、湯船からは見えない海を見て、また少し湯船に浸かって少し考えた

シャンプー持ってないし、体も洗えない、なんとなく落ち着かない

10分もしない内に出てきてしまった、今度銭湯セットを持ってまた来よう

左の建物が男風呂です

まだ帰るには早いので近所の観光地を探した

稲取高原芝生広場にツリーハウスが有るらしい、少し戻るけど行ってみた

さくらか?

google mapに案内されたら道路の真ん中で「着きました」と言われた

これで三度目だ、駐車場を目的地にしなかったのが間違い

と思い近くの駐車場を地図に出したけど、それらしい駐車場は出てこなかった

後は感しかない、5分ぐらい探しまわってようやく見つけた

*東伊豆町さんgoogleに駐車場を登録して下さい

公園は広く、周りに町営クロスカントリーコースが有るようだ

所々サクラでピンクに染まってます

山には一面さくらの木?が、シーズンには見事な景色が広がりそう

広い芝生公園です
中央左にツリーハウスが見えます

走り回りたくなる広い芝生の隅にツリーハウスがある

写真で見ると小さく感じますが
わりと大きいです

子供の時作った隠れ家の様なものを想像していたが

せっかくなので登ってみました

想像よりだいぶ大きく、立派だ

中は広くテーブルを置けば十分居間になる

ステンドグラス風の窓がちょっと違和感を感じた

このだだっ広い公園で、数人の人が散歩しているだけです

これは公園の一部です

芝生公園を独り占めしている感覚がたまらない

帰る時間になったので車に戻り

国道135号を熱海方面に北上、県道111号を天城高原方面に途中県道112号に入り

山道ドライブを楽しんだ後、修善寺から沼津の海岸線を抜け国道1号に

後はいつものように帰ってきました

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ ポチってしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

桜追っかけドライブ