国立アルプスあずみの公園 台風一過の旅


2018.10.1〜3

国営アルプスあずみの公園(堀金・穂高地区)に行ってきました

きれいなコスモスの写真が目的でしたが、まだ少し早いようでした

でも以前撮れなかった三峰山からの360°パノラマ動画を撮れました

行程

1日

  • 仕事が終わって蔦の湯のある道の駅 信州蔦木宿で車中泊

2日

  •    池のくるみ踊場湿原経由三峰山山頂
  •    アルプスあずみの公園
  •    安曇野 しゃくなげの湯
  •    道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里で車中泊

3日

  •            グリーンビレッジ横川かやぶきの館・横川ダム
  •    駒ヶ根高原
  •    道の駅 つぐ高原グリーンパーク
  •    自宅

台風24号が朝までに通り過ぎ、出勤時には我が家は停電

でも台風一過で天気は良く予定の2日・3日はドライブ日和になりそう

ここ数年自然災害が全国で発生しているのに、40年以上前から東海地震が騒がれている静岡県は、いつも被害が少なくいい所だな

などと、のんきな事を考えながら車を走らせ、道の駅信州蔦木宿に向かってました

温泉の受付最終時間に間に合うかどうかでしたが、あわてて事故ってもしょうが無い・・・のんびり、ゆっくり

到着したのは受付最終時間10分あとでした

車から降りると、なんか雰囲気違う

台風による停電と断水のため臨時休業の張り紙の写真

臨時休業の張り紙

外灯が消えてる、トイレ使えない、自販機のコイン投入口はガムテープ

仕方がないので車を車中泊仕様にして寝ました

翌朝コンビニで買っておいたサンドイッチを食べながら、くっきり見えるお山を眺めて

今日なら三峰山は見晴らし良さそうと気付きGoogle Mapで検索

山まで1時間10分、そこからあずみの公園まで1時間20分

行くことにしました

Google Mapが教えてくれる道は、最短距離または最短時間(たぶん)思はぬ道を教えてくれます

今回も一度も通った事のない道を言われるままに走っていると、池のくるみ踊場湿原と言う所に出ました

すすきが綺麗だったので何枚かパシャリ

池のくるみ踊場湿原のすすき_1の写真

池のくるみ踊場湿原のすすき_1

池のくるみ踊場湿原のすすき_2の写真

池のくるみ踊場湿原のすすき_2

三峰山大駐車場に到着

天気が良く20日ほど前に登った時よりスムーズに登頂

パノラマ動画ゲット

山の名前は詳しく無いのですが、南アルプスはきれいに見えたけど

北アルプスは雲に隠れているようです

遠くに富士山が透かしの様に見えます

次は今回の目的地、国立アルプスあずみの公園(堀金・穂高地区)

又もやGoogle Mapに道を教えてもらい、ビーナスラインを美ケ原方面に、分岐を県道67号からよもぎこば林道を進みます

道は急な下り坂が続きエンジンブレーキを効かせながら走っていると

前日の台風が残していった雨水が道路を横切って川のように流れている

道の横の小川の写真

道の横の小川 水量が多い

道に沿って流れる小さな川の水量もハンパない

松本市街に入りすこし走るとあずみの公園到着

国立アルプスあずみの公園は堀金・穂高地区と20キロ離れて大町・松川地区の2箇所あります

私の行ったのは前者です

駐車場は無料ですが入園料450円、2日通し券も有るようでした

コスモスが咲いている

はずだったのですが、満開なのはキバナコスモス

一般的なコスモスはもう少し経ってからのようです

それでもセッカクなので周ってみました

堀金・穂高地区自体も田園文化ゾーン里山文化ゾーンに別れてます

初めは田園文化ゾーン

コスモスは段々花畑かな?と思い行ってみたけどほとんど花は咲いていない

園内の木々の写真

園内の木々

紅葉もちらほらの写真

紅葉もちらほら

所々紅葉が始まっている園内をゆっくり降りて行くとコスモスがチラホラ

目的のコスモスの写真

目的のコスモス

少しアップのコスモスの写真

少しアップのコスモス

そこは段々原っぱでした

地図を見ると園内に川が流れていてその向こうにも何か有るらしい

橋に向かって歩いて行くと、林の中の木が大きく揺れて何か落ちた

サルが落ちた、

落ちたと云うより降りた?

2匹の子ザルが遊んでいる

芝生を悠々と歩いている親ザルも

木の幹では毛づくろいしている2匹のサルも

すばしっこいサルをカメラに収めるのは大変です

サルの林を抜けると橋です

ここの川も水量が多いようで、水音は園のゲートを入った時から聞こえていました

川の先にはBBQ広場・子供の森・龍の広場・冒険の森など小学生位の子供だったら一日過ごせそうな施設がいっぱい

円形ステージのケイトウの写真

円形ステージのケイトウ

穂高口ゲートの近くの円形ステージに赤と黄色のケイトウが咲いていました

次は里山文化ゾーン

と言っても昔の田舎道

キバナコスモスはキレイに咲いていました

あずみの公園、里山文化ゾーンのキバナコスモスの写真

あずみの公園、里山文化ゾーンのキバナコスモス

私が小学校の頃の風景

でも道は真っ直ぐでなんとなく作られた田舎感があります

ゾーンの真ん中に林が有りそこにトイレが

入るとここも水の音が常にしている

エコトイレの説明張り紙の写真

エコトイレの説明張り紙

それもそのはず、台風の水ではなくエコトイレ?

少し下ると水車小屋、その水が田んぼに流れ込む作りに

たしかに懐かしい風景です

次は

お決まりの日帰り温泉と車中泊の出来る道の駅探し

検索すると、すぐ近くに安曇野 しゃくなげの湯

HPを見ると

「台風により源泉からの給湯菅が壊れ各施設にお湯が届かない

でも、うちだけは貯湯槽が一杯なので営業中」との事

迷うこと無くしゃくなげの湯

しゃくなげの湯の写真

公式ホームページから

4時間ぐらい歩き回ったので、足がジンジン

炭酸湯・露天・寝湯と入り、体を洗ってもう一度露天

それから食堂でラーメンを食べながら道の駅検索

写真の雰囲気が良かったので道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里にしました

Google Mapの牧歌的な写真に騙された

ほりがねの里は、ほぼ町中

隣の体育館の駐車場も兼ねているので車の出入りが激しい

車中泊らしき車も何台かあり、暗くなってきたのでここで寝ることにしました

10時過ぎまで人の話し声が尽きず、眠れないので懐中電気片手に読書

手が疲れた、電池式のスタンド買うぞ〜〜

11時就寝

翌朝

トイレに行って、おにぎりの朝ごはん

すこし離れたとこの車が車中泊モードから通常モードに変換中

私も今日は我が家に帰るので通常モードに〜変__身〜

時間的には国道52号線を使って帰ったほうが速いけど、今日は一日掛けて帰れば良いので国道153号線をテクテク南下することにしました

以前から気になっていた所も幾つか有り、ちょうどいい機会です

まずは辰野町へ

一旦松本の町中に出て、松塩広域農道(別名アルプスグリーン道路)に入ると林檎畑が続きいっぺんに田舎道

丁度通勤の時間帯だったのでラッシュらしき所も有ったけど8時には塩尻に

ここから153号線で辰野町に

辰野町に入ってすぐ「グリーンビレッジ横川かやぶきの館」の看板を見つけ国道を逸れて県道201号に

かやぶきの館はどっしりとしたかやぶき屋根の宿泊施設でした

かやぶきの館と私の愛車の写真

かやぶきの館と私の愛車

地図によると道は行き止まり、でも車止までの途中にダム湖が有るらしいので行くことにしました

横川ダム到着

横川湖看板の写真

横川湖看板

台風の雨水を勢い良く放流しています、色づいた木々もチラホラ

横川湖の写真

横川湖

マイナスイオンをたくさん吸い込んで元気が出たところで、次の目的地は津具です

伊那市を過ぎ駒ヶ根市に入って、標識で駒ヶ根高原の文字発見

暑いの嫌い・高原大好きな私としては行ってみなければと思い

県道75号で駒ヶ根高原

4年ほど前撮ったこまくさの湯の写真

4年ほど前撮ったこまくさの湯

何のことはない、4年ほど前来たこまくさの湯が有る所でした

一般的には駒ケ岳に登る入口です

GoogleMapはここから国道153号に行かず、伊那中部広域農道(別名中央アルプス花の道)を案内してくれました

中央自動車道と並行して田舎の高台を気持ちよく走れる良い道でした

いつの間にかまた国道153号に出て南下

8月に来た治部坂高原スキー場を過ぎると、その時の記憶を頼りに道の駅 つぐ高原グリーンパークまですぐでした

8月の日曜日治部坂高原に行くために、この横を通った時はたくさんの車で賑わっていたのに今日は平日に加え、施設の半分が修理中とのこと

道の駅つぐ高原グリーンパークの写真

道の駅つぐ高原グリーンパーク

閑散としています

年季の入った施設案内図の写真

年季の入った施設案内図

トイレを借りて家路につきました

国道153号は辰野町あたりの標高が高く900メートル弱、そこから常になだらかな下り坂です

その後治部坂高原で一気に1200メートル弱まで登り、我が家の標高30メートルまで徐々に下りです、あまりアクセルを踏まなくて緩やかなジェットコースターを降りてきたみたいでした

安曇野からのキロ数を見て一度ガソリンを入れるつもりでしたが、その必要のないエコな帰り道でした
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へポチってしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ビーナスライン霧の旅

次の記事

豊田市紅葉ドライブ