ビーナスライン霧の旅


2018年9月11日

ビーナスラインに行ってきました。

秋雨前線が居座って、あまり天気は良くなかったのですが、どうにか雨には降られずに済みました。

それでも山は霧ばかり、良い写真は撮れませんでした。

行程

前日 仕事が終わって、道の駅こぶちざわで車中泊
当日
  •  白樺湖のローソンで買い物、ここからビーナスラインに入ります。
  •    霧ヶ峰富士見台で写真
  •    霧の駅でトイレ休憩・散策
  •    三峰山大駐車場・三峰山は霧の中、360°パノラマは見れませんでした。
  •    道の駅美ケ原で昼食と散策
  •    霧の駅に戻りトイレ休憩
  •    尖石温泉 縄文の湯でひとっ風呂
  •    高ボッチ山で車中泊

 

道の駅こぶちざわ

朝 道の駅こぶちざはで目が覚めると、周りには車中泊らしき車が10台ほど

6時半には係のオジさんが、足湯の掃除をしてお湯を張って行きました

有りがたく一番湯?を頂き 気持ちよくなったところで 行動開始

カメラの電池残量が乏しかったのでgoogle mapに案内されて白樺湖脇のローソンへ

車を降りて湖を見に

朝の白樺湖

シーズンオフ火曜朝8時です。何も有りません。

白樺湖池ノ平ホテル

振り返ると、コマーシャルフレーズがすぐ口に出てきそうな池ノ平ホテルが

「ここか!」と、一人で勝手に納得してローソンに

DSC_0510

電池とコーヒーを買ったら、777円

「今日は良いこと有りそうですね。」と店員の女の子に言われ上機嫌で出発

ローソンのレシートのご利益も無く、走りだしたら即霧の中

カメラも機嫌が悪く(座りが悪く)車の振動でスグ上を向いてしまいます

見晴台に近づくと、遠くに青空がちらほら でも

やはり富士山もアルプスも見えません

富士見台から富士山方面

県道40号 諏訪湖方面と美ケ原方面の分岐に有る霧の駅でトイレ休憩

遠くから子供達の声が

よく聞くと先生らしき人が何か注意をしている声も

山歩きをしているらしい

声は聞こえるが姿が見えない

登りたいと思ったけど、起伏の有るダダっ広い草原のような地形

体力も時間も無いので断念して、記念写真を一枚

霧の駅自撮り

次は三峰山

三峰大展望台に着いて まず目に飛び込んできたのは「有料トイレ」の張り紙

「水を運ぶのは大変なんで、理解して下さい」的な文面も

そこを何とか無料にして帰りにおみやげを買ってもらうのが商売だろうな〜〜

と思いつつ 三峰山登り開始

笹っ原に道が出来ていて、少し登ると道しるべ発見

右に行くと和田峠、左が三峰山山頂

三峰山 山頂への道

道は園児が描くような三角山の頂上に向かっている

もうじき山頂かと思いきや、山頂の向こうに次の山頂が顔を出しガッカリ

名前の通り3つの峰が有るんだと気がついたのは本物の山頂が顔を出した時でした

(早く気がつけ)と自分に突っ込み入れながら小石に腰掛けしばし休憩

ようやくの思いで たどり着いた頂上は、予想通り霧だらけ

羽アリのような虫とヒトツガイの烏だけが迎えてくれました

三峰山山頂

帰り道よく見ると道端に小さな花が咲いてました

DSC_0522

笹原の中に枝をもぎ取られたような木が

DSC_0526

こんな吹きっさらしでは木も育たないのか

駐車場の近くまで下りると同じ木も、もう少し大きく育ってました

DSC_0528

次は美ケ原に

でもカメラの座りが悪く

気にしつつ、のろのろ走っていると、後ろに車が繋がっている

お先にどうぞ と道を譲り

ようやく道の駅美ケ原の駐車場に到着

霧しか見えない展望台?でタバコを1本

2階食堂で昼食を摂り少し散策

周りをぶらぶらしていると、ハイキングコース入口を見つけ歩き出しました

湿地帯によく有る木で出来た遊歩道を登って行き、積み上げた石ころの山が幾つも有る牛伏山に到着

ここまで、すれ違ったのは一人、カメラを持っていたけど、たいした物は撮れないだろうな

美ケ原牛伏山

毒きのこ かな?

花と蜂

カク云う私も、小さな花・白いシャンピニョンの様なきのこと霧しか撮れませんでした

美ケ原からの帰り道、三峰山少し手前で、ようやく山からの風景らしき一枚が撮れました

DSC_0551

方角的には上田市・小諸市方面だと思います

 

今回のドライブは以前ソロキャンプを題材にしたアニメを観て思いついたのですが

そこで主人公がキャンプをしたのが高ボッチ山

私も二日目の車中泊は高ボッチ山にと決めて来ました

でもまだ時間が早いので日帰り温泉に浸かってからと思い携帯で検索

少し道から逸れるけど、尖石温泉 縄文の湯に向かうことにしました

いつの間にか見覚えの有る道(朝、道の駅こぶちざわから白樺湖に向かう)を逆に走っていました

この辺りはのんびりした感じの風景が続きいいな〜〜

縄文の湯

縄文の湯 茅野市のホームページから引用

縄文の湯到着

のんびり湯に浸かり、休憩所で大の字に

気が付くともうじき4時

温泉を出て国道152号線を南下

*国道152号は浜松まで繋がっているけど、途中難所がいくつか有るらしい 一度は挑戦してみたい道です

国道20号を一旦通り過ぎ県道16号経由、国道20号で岡谷に

岡谷のラーメン屋さんで晩飯

高ボッチ山に着いたのは6時過ぎ

絶景の写真スポットには4人ぐらいの先客がテントを張っていました

私も霧の向こうの諏訪湖を写真に摂り

高ボッチ山から諏訪湖

高ボッチ山から諏訪湖

少し下った駐車場トイレの横に車を付けました

ここにもツーリングキャンパーの先客が一人

夜景が綺麗な9時ぐらいにもう一度カメラを持って行くとして

車の後部を車中泊仕様にして、一眠り・・・・・眠れない・・・

周りにライトが何もない所での車中泊は初めてで正直少し心細い

トイレに行ったり、携帯を見たり落ち着かない

9時過ぎカメラとカンテラを持って外に出ると周りがなんか変

暗いのは分かる、でもカンテラをかざしても何も見えない

近くの木や草むらトイレさえ見えない

それでも撮影スポットに向かう途中で(サッキより霧が濃いのか)と気がつく

写真は撮れないけど暗闇に慣れるため行くことに決め登って行くと

何台かの車とすれ違った

車は私に気付くと、急に止まってゆっくり通り過ぎてくれる

見晴台にはライトと室内灯をガンガンに灯した車の中で、男性が仮眠中

この人も心細いのか、臆病者!と

本当は心の中で自分に言い聞かせ車に戻ることにしました

だだっ広い野原の様な駐車場

ようやくの思いで自分の車にたどり着き一安心

ちょっとした冒険?のお陰で、後は普通に眠れました

 

翌朝明るくなって外に出てみると、隣のキャンパーは居無く、広い野原に私の車だけ

霧がだんだん晴れてくると、隣の牧場、その向こうの林など

昨夜は見えなかった周りが見えるようになった

草原には露が、林の中からは鳥の声が、何より空気が美味い

タバコをふかしながら、こんな良い朝は久しぶりだなと思った

今回のドライブは天気に恵まれず、良い写真が撮れなかった

けど いつものように楽しかった、霧の風景も良いね、

事故もなく帰って来れたし

ローソンのお姉さん有難う

それでも、いつかは三峰山頂上の360°大パノラマ撮るぞ!!
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へポチってしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です